@BONE JAPAN({[Wp)


整骨院検索はボーン・ジャパン





整骨院検索はボーン・ジャパン

一言で言うと、交通事故が原因による痛みや不快感(むち打ち症、腰痛、手足の障害、しびれ、頭痛、吐き気など)を事故前の元の状態に回復させることを言います。基本的には自賠責保険(強制保険) による施術になります。

また、交通事故の施術には、必ず医師の診断が必要になります。
整骨院・接骨院・鍼灸マッサージ院で施術を継続する旨、保険会社へ連絡し、保険の適用が可能かどうかを確認してください。

その後、保険会社から整骨院・接骨院・鍼灸マッサージ院に交通事故症状改善の依頼があり、そこからはじめて施術を開始できます。

※整骨院・接骨院・鍼灸マッサージ院で病院・保険会社とのやり取りを代行してくれる所もあります。
※弊社の独自調査によるものになりますので、実際とは異なる場合がございます。

1.警察に届ける

交通事故は大小に関わらず、加害者はもちろん、被害者からも必ず届け出る事が必要です。

※怪我を負っている場合は「人身扱い」の届出が重要になります。

2.医療機関で診察を受ける

交通事故の施術には、必ず医師の診断が必要になります。

※人身事故の場合は、診断書を発行してもらった後、所轄の警察へ提出しないと人身事故の扱いになりませんのでご注意ください。
診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。

3.保険会社への連絡

この時、交通事故治療を受ける医療機関として、整骨院・接骨院・鍼灸マッサージ院(通院する整骨院・接骨院・鍼灸マッサージ院を決めておきましょう。)に通院
される旨を併せてご報告ください。

保険会社より整骨院・接骨院・鍼灸マッサージ院に交通事故の治療依頼の連絡が入ります。

※搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついています。

4.治療の開始

「3」で保険会社に伝えた整骨院・接骨院・鍼灸マッサージ院で事故状況の確認と問診を行い、治療開始となります。

接骨院でも交通事故後の治療に自賠責などの保険が使えますか?

国民健康保険などの各種保険による治療を行っており、交通事故や労災のでの治療も使えます。

通院を接骨院に変更したい

保険会社に、通院したい接骨院の名称と連絡先を電話で伝えるだけで変更できます。

相手保険会社が薦める医療機関に行かなくてはならないのでしょうか?

どこの医療機関に掛かるかは、患者さんの自由です。保険会社や、加害者から強制されたり、制約を受けるものではありません。ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。

症状が軽くても保険で治療が受けられますか?

症状の軽い重いは関係なく、治療を受けられます。治療費は全て保険会社が負担します。初めのうち症状が軽いからと放って置いて、後から痛くなる場合もあります。また、時間の経過と共に交通事故との関係がはっきりしなくなります。少しおかしいと感じたら、早めに受診することををお勧めします。

保険会社から、そろそろ治療を中止しませんかと、催促されます。

あくまでも保険会社側の都合なので、依然つらい症状が残っているようでしたら、お身体の為にも、完治するまで治療を続けた方て下さい。保険会社が強制的に治療、通院を中止させることは出来ません。

治療期間に制限がありますか?

交通事故で負傷した症状が改善するまで、治療を受け続けることができます。

鍼治療も、保険でできるのですか?

はい。交通事故などで負傷した治療費は、全額保険会社負担となります。

自賠責保険は、俗に「強制保険」とも呼ばれ、自動車やバイクを運転する時に、法律で加入することが義務付けられている(強制されている)保険です。
自動車保険には、大きく分けて自賠責保険と任意の自動車保険の2つがあります。
自賠責保険は、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険で、強制保険と呼ばれています。 この自賠責保険とは、被害者の救済を第一の目的としており、対人賠償に限られています。 対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、あるいは歩行者などをいいます。 つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。 もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。 偶然、事故にあった被害者が賠償金をもらえず、泣き寝入りするのを未然に防いだのが自賠責保険といえます。 以下が、自賠責保険の支払い限度額となっています。

・死亡・・・ 3,000万円
・ケガ・・・ 120万円
・後遺障害・・・程度に応じて 75万円~3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円

*金額は、加害車両1台につき、被害者1人につきの金額で、1件の事故での総額ではありません。 このように、自賠責保険は限度額があり、対人賠償だけの支払いですから、これだけでは十分な補償とはいえません。そこで、これを補う任意の自動車保険が必要になってきます。 なお自賠責保険では、他人を事故に巻き込んだ加害者に、たとえ過失がなくても賠償責任が発生するのが一般的で、これを”無過失責任”と呼んでいます。 簡単に言うと、ごく普通に自動車を運転していて、何の運転ミスもない場合でも相手がケガをした場合は、賠償する必要があるということです。 もちろん、被害者に100%過失があったときは別ですが、今までの事例で被害者に全ての過失があったと、認められた事故は大変まれです。ですから、ほとんどの場合、加害者が賠償責任を負うことになります。

自賠責保険の特徴

○ 自動車を運転中に他人をケガさせたり、死亡させたりした場合を補償(対人賠償)物損事故は対象外
○ 加害者が加入している損害保険会社等に、被害者が直接、保険金を請求できる
○ 被害者が、当面の出費のために仮渡金(かりわたしきん)を請求できる
○ 被害者1名ごとに支払限度額が決められていて、1つの事故で複数の被害者がいる場合
でも、被害者1名あたりの支払限度額は変わらない

自賠責保険に加入しなかったら…

自賠責保険は、法律で義務付けられた保険なので、未加入の場合には罰則があります。
また、加入していても、自賠責保険証明書を携帯していないだけで罰せられます。(250cc以下のバイクは、ナンバープレートに自賠責保険のステッカーを貼らなければな りません)
■自賠責保険の罰則
未加入 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 免許停止処分(違反点数6点) 証明書不携帯 30万円以下の罰金

PR PR PR
Prima


Copyright & Produce BONE JAPAN All right reserved