@BONE JAPAN({[Wp)


整骨院検索はボーン・ジャパン





整骨院検索はボーン・ジャパン

捻挫とは

関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の1つです。
その許容範囲をこえない為に関節には靭帯がついていますがこの靭帯が伸びた状態ねんざと言います。
『捻挫』と一般的によく使われていますが、医学用語としては更に損傷部位を付け加え、○○靭帯損傷といいます。
よく起きる足首の捻挫は『前距腓靭帯損傷』といいます。


▲このページのトップヘ戻る

軽視がちな捻挫

受傷直後は痛みで立ち上がれませんが時間が立つと歩くことができるようになり、軽いねんざの場合はそのままスポーツなど再開することもできます。
治療を行っていても痛みが軽快した途端、治療を止める方もいますが痛みが軽くなっても靭帯は緩んだままです何度も同じ部分の捻挫を引き起こす、「捻挫ぐせ」等に繋がる事もありいずれは断裂や完全断裂になる可能性もあります。
捻挫した箇所によっては治らないという場合もあり、膝の十字靭帯・足首の踵腓靭帯などは断裂すると血行も悪く修復しにくいため自然治癒ができず最悪の場合は手術をしなければならなくなり、
場合によってはリハビリをすればちゃんと治る骨折や脱臼よりも結果として完治までの時間がかかってしまいます。
たかが捻挫と思わず、スポーツをするとき等ウォーミングアップを十分に行い、もしも捻挫をしてしまったら途中で治療を止めたりせずに根気よく治すようにしてください。


▲このページのトップヘ戻る

症状

捻挫は、受傷した関節の種類や靭帯損傷の程度によってさまざまです。一般的には関節の痛みやはれ、そして皮下出血の程度と、靭帯損傷の程度と捻挫の重傷度は比例します。
はれや皮下出血(皮膚が紫色になる)があきらかな場合には靭帯が断裂しているおそれもあるので、自己診断をせず、必ず専門医の診断を受けるようにしましょう。
 断裂した靭帯が修復されないまま経過すると、関節にゆるみが残り、俗にいう『捻挫癖』となってしまうことがあります。


▲このページのトップヘ戻る

検査と診断

ねんざの診断には必ず単純X線検査が行われ、これによって骨折や関節のずれの有無が確かめられます。
また、関節の不安定性の程度を検査するためにストレス(負荷)を加えてX線写真をとる場合もありますが単純X線写真には靭帯そのものは写らないため、MRI検査が必要となってきます。
近年MRI検査は多くの外傷・障害等の補助診断に使用されてきました、とくに膝関節の靭帯損傷に対しては必須ともいえる検査です。


▲このページのトップヘ戻る

予防・捻挫癖を直すには

・長・短腓骨筋、第三腓骨筋の強化で外返し運動の強化を図る
・足首の捻挫は内返しで起こりやすいため足底筋と腓骨筋
・チューブやゴムで抵抗かけて足首を動かす
・O脚の人は内転筋の強化で足首への内返しがかかりにくくする
・かかとを地面につけたまましゃがむ運動で足関節の可動域をあげる


▲このページのトップヘ戻る

治療の方法

 受傷直後は局部の腫脹や内出血がひどくならないようにを止めることが重要です。そのための処置としては、RICE処置が必要となります。

RICE処置とは局所の安静(Rest)
冷却(Icing)
圧迫(Compression)
患肢の高挙(Elevation)
受傷した直後に行う応急処置の頭文字をとってRICEといいます
 その後の治療は重傷度によって違いますが、弾力包帯、絆創膏(テーピング)、装具などによって関節の動きを制御することが基本となります。
 ギプスで完全に固定しなくてはいけない場合もありますが、長期にわたる関節の完全固定は、正常な靭帯の修復過程をむしろ阻害し、関節軟骨にも悪影響を及ぼすことから、長期にわたるギプス固定のは限られており、いずれにしても捻挫に対しては保存的治療が選択されます。
 なお、捻挫より重い靭帯の完全断裂に対する治療法は、受傷した関節、患者さんの年齢や職業、スポーツをするかどうかなど、いろいろな因子によって違ってきます。
 スポーツ選手では、損傷した靭帯の縫合術や再建術のような手術的治療が必要になることも珍しくありません。


▲このページのトップヘ戻る

PR PR PR
Prima


Copyright & Produce BONE JAPAN All right reserved