整骨院検索はボーン・ジャパン




病院検索はホスピタル・ジャパン

頸椎ヘルニア

頚部でも椎間板ヘルニアが発症しますが腰部とは違い、「頸椎症」と呼ばれる骨の変形から生じることが多く、首を後ろや横に倒したときに腕に痛みやしびれが走るという症状が出る場合には、頸椎椎間板ヘルニアを疑いましょう。
頸椎によって起こってくる疾患は様々であり、軽度は肩凝りから手足の痛み等複雑な症状が発生し重度は身の回りの動作が不自由となるまで多彩です。手足の痛み等複雑な症状が発生し日常生活に支障をきたすようになってきます。
頸椎は歩行や姿勢を保つ意味でも重要な場所ですただの首の痛みと甘く見ずに、一度整形外科を受診されることをお勧めします。


▲このページのトップヘ戻る

肩こり

肩こりとは、肩がだるい、重苦しいといった不快感があって、筋肉をもんだりすると気持ちのよいものの俗称です。
精神的な緊張や不自然な姿勢のために、血流が悪くなり、乳酸などの疲労物質がたまったりビタミンの欠乏などをおこし、
筋肉の硬結を招いて肩こりと感じられます。
肩こりそのものに対する治療としては、血液循環をよくするために温熱療法、マッサージ、入浴、体操など、これらは局所を刺激し血液の循環をよくするための効果があります。


▲このページのトップヘ戻る

背部痛

背中は胸・お腹の二か所に分けられます。胸の後ろでは心臓や肺臓に関連する痛みが起こり、お腹の後ろでは腹部臓器に関連した痛みが起こります。 心臓に関連する疾患として狭心症や心筋梗塞でも最初の症状が背部痛のことがあります。高血圧の方がいつもと違って背中に痛みを感じた場合には狭心症なども念頭に置く必要がありますので早急の受診が必要になります。他にも様々な症状により頑固な背部痛を訴えることがありますので要注意です。 沈黙の臓器と呼ばれる膵臓に生じる膵臓癌では背部痛が唯一の初発症状のことがあります。診断のきっかけとして念頭に置くべき知識です。 頑固な背部痛が続く場合には、内蔵疾患を疑って検査を受けることが、病気の早期発見につながります。


▲このページのトップヘ戻る

眼精疲労

「目が疲れる」「目が痛い」といった症状が頑固に続いたり、からだに悪影響が及ぶこともあります。このような状態を単なる目の疲れである「眼疲労」と区別して「眼精疲労」と呼んでいます。
眼精疲労は、仕事や環境などが変わるといった生活の変化がない限り、自然には治りません。不快な症状がいつまでも続き、その症状がさらに状態を悪化させることもあります「ただの目の疲れ」などと軽く考えず、なるべく早く診察を受けましょう。


▲このページのトップヘ戻る

耳鳴り

耳鳴りとは。頭や耳から普段の生活の中には無い、「じーん」「キーン」といった音が離れなくなることをいいます。
自律神経が乱れると、様々な体の不調が起きるようになりますが、耳鳴りもその一つです。
加齢とともに多くの方が自覚するようになってきます。
耳鳴りの原因は、年齢によるものだけではなく。様々な病気などが起きていることが多く病院で検査をしなければ原因はわかりません。
病気が影響している場合は、病気を治癒すれば耳鳴りも同時に改善されます。
耳鳴りを放置していれば取り返しのつかないことになることもありますので 、きちんと耳鼻咽喉科で検査をした方がいいでしょう


▲このページのトップヘ戻る

難聴

突然に原因不明な内耳性の感音性難聴が発症する疾患です。発症は聴力が低下した瞬間を確実に自覚できるほど即時的です。
症状は軽〜重度の難聴が主症状であり、ほとんどの患者が耳鳴りも伴い、それに加えて耳閉感を伴うことも多いです。約半数の患者で強いめまいを伴うがめまいは反復することはない強いめまいを繰り返したらほかの疾患の可能性を考えましょう。難聴であるにも関わらず一定の音量を超えた音が健常耳に比べ「異常に響き」耳への刺激感・苦痛になる補充現象を呈することもあります。ほとんどの場合片側のみに発症しますが、稀に両側に発症する場合もあります。


▲このページのトップヘ戻る

五十肩

五十肩は肩関節の周囲の炎症が原因で起こる疾患です。痛む場所は肩から二の腕にかけてが多く、初めは肩を動かすときに痛むだけですが、症状が進むと、動かさなくても肩がうずくように痛み、思うように腕が上がらなくなります。
ひどい痛みが治まってからも肩を動かしにくいのが、五十肩の症状です。痛みはある日突然くることもあるし、じわじわとくることもあります。痛みと同時に肩の腫れや熱っぽさを伴こともあり、左右の肩に同時に発症することは少なく、ほとんどはどちらか一方の肩に起こります。
五十肩はだれでも自然に治ります。ただし、「治る」と言っても完治するという事ではありません痛みはとれますが、そのまま放置すると運動障害が残るので、適切な治療が必要です。


▲このページのトップヘ戻る

肋間神経痛

姿勢を変えた時や呼吸するとき、物を持ち上げる時に痛みが現れるのが特徴で、発症している時に咳やくしゃみ等から、ちょっとした力を加えられることで肋骨を骨折する危険性があります。
胸椎の圧迫骨折や、がんの転移によっても起こります。ただし脊柱部分に変化が現れるため、診断において発見しやすく。また、がんの転移における発症となると、痛みの影響で横になって眠ることが出来なくなり、そのため、夜間でも座って眠るしかなくなります。
注意すべきは肋間神経痛と似た痛みの狭心症があるということ。肋間神経痛の治療法を続けていても快方に向かわず、痛みが周期的に継続する場合は狭心症もしくは他の臓器系の疾患を疑って早期診断を受けることをお勧めします。ただし、症状・原因はさまざまのため、医療機関で適切な指示を受ける必要があります。


▲このページのトップヘ戻る

腰痛

腰痛の原因としては、骨や筋肉の異常に基づくものが多く、中には、内臓の異常に基づくものもあります。この腰痛は加齢に伴って増えるばかりでなく、若い人にも多くみられます。
子どもが腰の痛みを訴えるケースが最近は増えています。子どもは骨が未発達の為、悪い姿勢や外的な刺激の影響を受けやすいものです。成長痛と判断して見逃してしまうこともあります。腰の不快な症状をよく観察して、心配なことは医療機関に相談することが大切です。
悪性腫瘍あるいはその骨転移があるかどうかを診断しておくことは重要です。治療としては、鎮痛消炎剤の服用が一般的です。その他、湿布、温熱療法が併用されます。しかし鎮痛消炎剤の服用により、消化器障害や時に腎障害などの副作用が出たりします。また長期の服用には不安もつきまといます。したがって、漢方治療や鍼灸治療を試みることは大いにすすめられます。


▲このページのトップヘ戻る

ぎっくり腰

不自然な脊椎のカーブや、姿勢のクセなどによる筋肉のこわばり、脊椎の神経の障害や圧迫によるものなどが腰の痛みを引き起こします。
ぎっくり腰はいつ何時襲ってくるかわかりません。自宅、会社、出先などで、くしゃみや物を取ろうとした時などちょっとしたきっかけで発生します。
発生時は激痛を伴います、まず外傷によるものでは無いかを確認します。冷や汗や腹痛、強い気分の悪さがあったら内臓疾患を疑いましょう。全く動けない状態になったり、動けたとしても這いつくばるのがやっとだったり身体を動かすのも容易ではありませんが、横向きに寝たり、前傾姿勢をとると楽になります。緩和されたら病院の診察を受けることをおすすめします。


▲このページのトップヘ戻る

腰椎ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの場合、症状は、片側の下肢痛が多いが、真後へ突出したヘルニアの場合、両側で症状が出現する。下肢痛は、当該椎間板ヘルニアによる神経根圧迫により生じます。腰痛の他、下肢の疼痛、しびれ、場合によっては大きな浮腫みまで見られ、足が上げられない位に重くなるなどの自覚症状に加え、障害された神経の支配領域に感覚障害を呈したり、運動神経の麻痺による筋力低下を来たすことがあります。
腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛や股関節痛を訴えることもあり。それ以外の場合、腰痛は訴えないのが典型的な特徴です。


▲このページのトップヘ戻る

股関節痛

上半身の重さを支える股関節は、負担が大きく傷みやすい関節です。 中高年になると足の付根のあたりに痛みを感じる人が増えてきます。 歩いたり座ったりすることにも支障が出て、日常動作がつらくなります。中には、重大な病気が原因のものもあり、放っておいて股関節の痛みがかなり強く感じるようになってからでは、修復が不可能になってしまうので、早めに専門医に相談されることをお勧めします。


▲このページのトップヘ戻る

変形性股関節症

変形性股関節症は、股関節が痛くなる代表的な原因です股関節の軟骨が徐々にすり減ったことにより、体にゆがみが出て、神経や筋肉を痛めることによって起こります。
老化などにより変形性股関節症になることもあり、 変形は治療をしない限り進行していきます。
股関節症は少しずつ進行していく病気です。軟骨が磨耗してなくなり、こすれ合わさる事によって症状が進行していくわけですから、気付いた時に初期治療を行えば、進行を食い止める事ができるので専門家や医師の指示に従って治療して下さい。


▲このページのトップヘ戻る

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは臀部から大腿後面にかけて鋭い痛みを自覚する“症状”であり“病名”ではありません。整形外科外来で坐骨神経痛を訴える患者さんは、主に腰椎疾患の症状として、腰痛の次に多く見られますが、その原因となる疾患は様々です。
坐骨神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受為に発症すると言えます。
年齢により異なりますが、若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニアが挙げられます。仕事や運動でストレスが加わり発症することが多いようです。
原因疾患に関わらず、まずは症状を緩和する対症療法が主体で治療を進め、それでも痛みが軽減しない場合や歩行障害、麻痺といった他の神経症状を合併する場合に手術が行われます。


▲このページのトップヘ戻る

膝痛

筋肉・腱の硬さにより関節軟骨が悪影響を受けることがあります。
膝の痛みや違和感の原因はさまざまで、長期間膝を酷使してきた人はもちろん、姿勢に癖がある人は体重のかかる部位が偏り、膝に余計な負担をかけてしまうことがあります。
長期間の負荷で起きやすいのが関節軟骨の磨耗が激しく、足は身体を支える大切なものです。
ほとんどの人が一度は経験する膝の痛みや違和感。膝の違和感の症状と感じ方は人それぞれです、足は身体を支える大切なものです何らかの症状を感じたら早めの対処が一番です。専門家や医師の指示に従って治療して下さい。


▲このページのトップヘ戻る

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝への衝撃を吸収するクッション材である関節軟骨がすり減って傷んでしまい、日常生活でも膝に痛みを感じるようになる病気です。
よくある膝の病気の一つで、慢性関節リウマチなどの病気を除くと、多くの膝の痛みの原因となっています。軟骨の代謝異常など体質の問題があると発症しやすく、40代以降の女性に目立ちますが、スポーツで膝に負荷をかけてきた人にも見られ、年齢を問わず発症します。
膝の関節は、太もも部分にある骨と膝下部分の骨が繋がるように位置しますが、膝への衝撃吸収力の低下が続き悪化すると、関節の変形へもつながり、膝を支える筋肉の働きもさらに低下していく恐れがあります。


▲このページのトップヘ戻る

足のシビレ

足は身体を支える大切なものです。
足のしびれと言っても、足の裏であったり甲であったり、あるいは指で あったりと、いろいろな箇所に症状が出たりします。
足のしびれは身体の調子が悪くなる前触れでもあります、 そのままにしておけば後に大事に至ることになるかもしれません。 足のしびれが原因の病気には、「脳梗塞」「脳出血」
「腰椎ヘルニア」「腫瘍」などがあります。 足や指のしびれが長く続くようなら、 軽い症状でも早めに病院へ行く事が大切です。 結果として何もなければそれで安心しますし、 もし何かの病気と診断されても早いうちなら それだけ早く治療を受ける事ができます我慢や軽視は禁物です早期発見、早期治療が重要です。


▲このページのトップヘ戻る

足のむくみ

むくみとは、体の細胞と細胞との間に水分がたまった状態をいいます。足のむくみによりだるさや、痛み、重量感を感じたり、指でふくらはぎやくるぶしを押すとくぼみができたりする場合、慢性静脈不全(静脈還流障害)と呼ばれる静脈の病気である可能性を秘めていることがある為、決して軽視したり、我慢してよい状態ではありません。
慢性静脈不全の初期症状としては足のむくみの他にも、だるさ、重さ、つっぱり感、痛みなどの自覚症状があげられます。
たかが足のむくみ、とそのまま放置しておくと、静脈瘤や下肢の皮膚の褐色調変色、下腿の皮膚潰瘍など重症化してしまうため初期の対処が必要とされています。
痛みを伴うようなら自己判断せず、すみやかに医師又は薬剤師に相談してください。


▲このページのトップヘ戻る

O脚

O脚の原因は、日頃のまちがった生活習慣などが長年に渡り蓄積されてきた結果です。先天的なO脚は生活習慣などに直接的な関係はありませんが、ほとんどは後天的なO脚です。
骨の成長は成人する頃にストップします、といって成人までにO脚の矯正をしなくては無効であるというわけではありません。それから後でももちろん可能ですが、矯正の効果は明らかに若い方がでやすいということです。
ただし、いくら整体やカイロプラクティックなどで矯正してもらったとしても、生活習慣に気をつけておかなければ、また元通りのO脚に逆戻りしてしまうこともありえます。


▲このページのトップヘ戻る

猫背

猫背は実は、万病の源であり、老化を早める原因でもあります猫背には2種類あり、首から腰にかけて一様に丸い『まんまる猫背』と胸椎から首にかけて猫背な『上だけ猫背』の2種類があります。
まんまる猫背も上だけ猫背も根本原因は腹筋・背筋の不使用による骨盤の後傾です。違いはというと膝の曲がり具合です。これは太ももの前の筋肉の強さによる違いです。


▲このページのトップヘ戻る

更年期障害

母性はその機能を発揮するために複雑な身体構造と生理機能を有し、年例によって大きく変化します。人生における大きな転換期は子どもから成人になる思春期と、成熟期から人生の終結に向かう更年期です。更年期とは、生殖期と非生殖期の間の移行期をいい、卵巣機能が衰退しはじめ消失する時期にあたります。
初経、妊娠・出産、閉経といった女性特有の体の働きを支配しているのが卵巣から分泌される女性ホルモン、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)です。更年期障害はこのエストロゲンの分泌が急激に減少することによって起こります。


▲このページのトップヘ戻る

生理不順

最近の若い世代に多い『生理不順』。不規則な生活や過度なストレス・ダイエット等が原因で起こる場合が多いです。

生理不順と聞くと2か月以上来ていないというかたも少なくないと言われています。疲れていたから・ストレスが溜まっていたからと処理をしているようですが、生理不順は女性の重要問題です。
無月経生理不順はホルモンバランスの乱れによって起こります「過度なストレス」や「精神的」な原因、そしてダイエットによる「体重の減少」、アンバランスな「食生活」などが挙げられます。
無月経になると、50代に訪れる更年期障害と同じ状況に陥り、顔のほてりや体のだるさ、さらには何に対してもイライラしてしまったり、体の老化の促進などが心配されます。
今月は不順だと感じたらストレス解消をして心身をリラックスさせたり、体を温めて、血をきれいにする食べ物を食べることがおすすめです。また、生理不順が2か月以上続いたら、産婦人科に相談しましょう。


▲このページのトップヘ戻る

自律神経失調症

不規則な生活や習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調のことです。
内臓や器官の病変によるものではないので病院に行き検査をしても異常なしと診断されます。
『自律神経失調症』の症状としては、体の一部が痛くなったり具合が悪くなったり精神的に落ち込んだりと人によって様々で、いくつか重なって症状があらわれたり症状が出たり消えたりする場合もあります。症状が一人一人違うように、その原因もまた一人一人違いますので医療機関で適切な指示を受ける必要があります。


▲このページのトップヘ戻る

うつ傾向

うつ病は決して稀な病気ではなく誰でもかかる可能性があります。うつといっても「疲れやすい」「何となくやる気が出ない」といった軽症の症状から「気分が落ち込んで仕事も家事も全くできない」といった重症の症状まで様々です。
うつ病は仕事や家庭などのストレスがきっかけとなって発症します。ストレスのかかる環境はうつ病には要注意です。自分なりにストレス解消法を見つけストレスをためないようにしましょう。
うつ病は心の風邪と言われるほど、ありふれた心の病気ですが、人生に大きな損失をもたらしてしまう深刻な疾患でもあります。


▲このページのトップヘ戻る

心身症

心身症とは、心理社会的要因または環境からの精神的ストレスが原因となって発症する身体疾患の事です。
心身症と神経症の区別は、曖昧で不明瞭な部分も多々ありますが、心身症は神経症と比較して、精神症状よりも身体症状の訴えが大きく、身体症状が特定の器官に固定して現れやすいとされています。
心身症は時に、胃・十二指腸潰瘍、皮膚疾患の様に明確な器官の器質的病変を生じる事がありますが、神経症は通常、器質的病変がなく身体の機能的障害や精神症状の形で病態が現れます。
また、自己の健康管理法として、身体と心に無理のない自然な規則正しい生活リズムをつくっていく事が大切です。『睡眠・食事・休養』という心と体のエネルギーを蓄える生活行動を規則正しく十分な時間をとって行う事で、ストレスに押しつぶされずに健康的に社会生活を行っていく事が出来ます。


▲このページのトップヘ戻る

不眠

睡眠には短い睡眠時間でぐっすり眠る人と、8時間以上眠らないとだめな人といろいろあります。また、加齢とともに、眠りが浅くなったり、朝早く目が覚めたりします。現代のストレス社会にあって、不眠に悩まされている人は多い傾向にあります。
不眠は、心理・社会的ストレスによる反応として現れます。自分では処理できない過重な責任や悩み、緊張状態などで眠れなくなる場合と、ストレスによって生活のリズムが乱れたり、就寝前の過剰な飲酒・喫煙あるいは刺激物などの生活習慣の変化によって睡眠障害になる場合があります。これらの場合は、日頃からストレス解消法を身につけておくことやライフスタイルに注意して規則正しい生活リズムを心がけることが大切です。


▲このページのトップヘ戻る

パニック障害

突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、強い不安感に襲われる病気です。この発作は、「パニック発作」といいます。
パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。
 初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、時には気のせいなどと言われることもあります。
パニック障害は心や性格に原因のある病気ではなく、脳の病気ですパニック発作は苦しい症状ですが、心理療法を薬物療法に組み合わせるとさらによい効果が得られるといわれています。


▲このページのトップヘ戻る

疲れやすい

疲れのもとになっているのは、筋肉に蓄積された乳酸です。これを、分解するのに有効な栄養素はビタミンB1です。またクエン酸も有効です。ビタミンB1を豊富に含む豚肉や大豆類をとるよう心がけましょう。
身体を疲れさせてしまうカフェインやアルコールの摂取は、ほどほどにして、脂肪分の強いものは、控えるようにしましょう。
疲れを取るのに効果的な甘いものは、血液を酸化させないハチミツや、果物などです。

疲れを取る効果的な睡眠法の一つは、寝る前の過ごし方にあります。寝る前に軽く体を伸ばしたりするストレッチを行うと、寝つきが良くなり熟睡することができるので、疲れも取れやすくなります。


▲このページのトップヘ戻る

情緒不安定

情緒不安定性の人は気分が変わりやすく、その時の気分や感情次第で行動する傾向が著しいパーソナリティ障害です。あらかじめ立てた計画を実行する能力にきわめて乏しく、衝動的に計画しては実行に至らない、を繰り返します。
相手にかける迷惑や、その結果として自身に返るものに思慮は及びません。自分の立ち位置や感情を離れて、全体像を見ることが難しいのです。そうした、余裕のない精神状態にいます。
情緒不安定な人は、依存できる対象を求めています。安心して安定して付き合える対象が欲しいのです。
求めすぎるがゆえに対人関係が安定せず、傷ついて対人不安に流れ、距離を置こうとします。人との距離の取り方にも不慣れで、一気に距離を詰めようとしたり、そうかと思うと冷めて離れ、そうこうするうちに、だんだん相手への依存が強くなり、わがままを行使します。なかなか、相手の喜びのために貢献する配慮には至れません。


▲このページのトップヘ戻る

ストレス疾患

ストレス反応は心、行動、体に色々な形で現れます。心理的、社会的ストレスが発病ならびに病状の経過に関与することが大きいと考えられる疾病をストレス関連疾患といいます。この中には胃かいようのようにはっきりと臓器の障害が認められる体の疾患から、頭痛、腰痛などのように原因となる臓器の異常が認められない不定愁訴、さらには神経症、抑うつ状態などの精神的な疾患、食欲不振症といった食行動異常も含まれています。
現代人の生活につきまとうストレス。ストレス解消できないと病気に繋がることもしばしばあります。気づかないうちに初期症状が出ているかもしれないのでお医者さんに見てもらうことをおすすめします。


▲このページのトップヘ戻る

PR PR PR
Prima


Copyright & Produce BONE JAPAN All right reserved