病院検索はホスピタル・ジャパン




病院検索はホスピタル・ジャパン



現在までの研究で、「癌」は遺伝子に傷がついて起きる病気であると言われています。
先天性のものと、日常生活の間に傷がつくものに分けられ、乳癌の大部分は、紫外線や放射線、薬物、環境ホルモンなどといった種々の環境因子によって遺伝子が傷つくことによるものだと考えられています。また、エストロゲンという女性ホルモンも大きな影響をあたえるものと考えられています。

遺伝子の変化はいつ起こるか予測ができません。また、現在までの研究では乳癌の発祥を完全に防ぐ事は不可能です。

遺伝子の病気であるという考え方からも、早期に乳癌を発見して、遺伝子変化がひどくなる前に治療を開始することが癌を克服する為に一番重要になってきます。

シコリや乳頭からの分泌物、痛み、ひきつれなどの症状があります。
その中でも、乳腺外科を受診する女性の7割は「シコリがある」といって医療機関へ足を運ぶめ、シコリをキッカケに発見にいたるケースが多くあります。

しかし、乳癌のシコリは必ずしも硬いわけではありませんし、痛みの有無、程度はさまざまで例シコリがあったとしても、良性の腫瘍の場合もあるため、【シコリ=乳癌】と一概に決めつけることはできません。

ただ、乳癌に限らず「癌」という病気を克服するには早期発見が重要となるため、自己検診は重要ですが、自己判断を過信するのは良くありません。

自覚症状が無い場合でも、検診によって見つかるケースも少なくありませんので、シコリや違和感がなかったとしても、定期的な健診は癌の早期発見のための重要なポイントです。

癌を予防するために重要なことは、癌細胞が大きくなりにくい体内環境作りがとされています。
適切な食事・栄養を摂取することが非常に重要になります。
国立がん研究センターのホームページでも発表されていますが、イソフラボンを多く摂取している人は乳癌になりにくいことが分かっています。
イソフラボンは日本食に良く使われる大豆に多く含まれることは広く知られていますが、大豆以外にもマメ科の植物に多く含まれています。
ただし、あまり多く摂取しすぎても良くないとされており、目安として一日に40mgとされています。

大豆製品に含まれる平均的なイソフラボンの量
・もめん豆腐(平均40mg/100g)
・味噌   (平均59mg/100g)
・しょうゆ (平均 1mg/100g)

大豆以外にも、サンマやアジなどの青魚に多く含まれている【DHA・EPA】などの脂肪酸も乳癌のリスクを下げる効果があると言われています。
食事以外にも、適度な運動、アルコール類の摂取量を減らすなど、日常的に健康的と思われる生活することは、乳癌の予防に繋がります。

現代の食生活は欧米化が進んでいて、特に忙しい生活をしていると、自炊ではなく手軽なファーストフードや外食が多くなってしまいます。このような「欧米化」した食生活では、どうしても肉類を中心とした食生活になりやすく、タンパク質が中心の食事になってしまいます。

もちろん、タンパク質は生活をするうえで必要な栄養素ですが、日本人の体は昔から魚や豆類でタンパク質を補ってきたため、肉類から得られる多くの動物性タンパク質を消化する力が弱く、摂取しすぎた動物性タンパク質が体に悪影響を及ぼす原因となってしまうのです。

和食だからと言って良いわけではありません。

反対に、昔から食される「味噌」「醤油」など塩分の多い和食だけでも、過度の塩分摂取となり動脈硬化を引き起こしてしまう可能性があります。動脈硬化は老化を引き起こす原因ともなり、老化が乳癌の原因となってしいます。

つまり、バランスの良い食生活が非常に重要なのです。 塩分もタンパク質も身体を作る為には必要な栄養素ですが、取り過ぎに気を付けバランスの良い食生活を心掛けてください。

「インフォームド・コンセント」という言葉ををご存知でしょうか。日本語では「説明と同意」「説明・納得・同意」などに訳され、医療者が一方的に治療法を決めるのではなく、患者さん、そのご家族が共に理解・納得して治療を行うことをさします。
一昔前は、治療法が少なく効果にも限界があったことから、癌という病名を伝えずに、医療者が一方的に治療法を決めてしまうことが少なくありませんでした。
しかし、現在はがんの治療法が進歩したことで、治療の選択肢も広がり、患者さん自身も病気と治療法について十分理解し、患者さんの意志を尊重した最善の治療を行うことが何よ りも大切になってきます。
癌と診断されれば、一刻も早く治療を始めたいという気持ちは分かりますが、癌との戦いは長期戦になります。、セカンドオピニオンを含め、メリットとデメリットを理解し、最善の治療法を決めていける医療機関を探すことが大切です。

この他にも、さまざまな対策方法や改善方法がインターネット上で紹介されていますが、専門家相談し、その悩みを解決してもらうことが一番の対策です。




PR PR PR
Prima


Copyright & Produce HOSPITAL JAPAN All right reserved