病院検索はホスピタル・ジャパン




病院検索はホスピタル・ジャパン
不妊症とは?

妊娠を希望する夫婦が、ある一定期間(2年とされている機関が多い)、通常の性生活を行っているにもかかわらず妊娠しない場合を不妊(症)といいます。最近は不妊症の原因になりやすい病気も増加しており、10組に1組は不妊症といわれています。

一方で、不妊治療は年々確実に進歩しているので、少し前まで原因不明と片づけられていたものも原因が解明されてきていたり、体外受精の技術が根づき、治療が受けられる病院・施設も全国に広がっています。


▲このページのトップヘ戻る

不妊症の原因

妊娠のメカニズムそのものが非常に巧妙にできており、性交、排卵から着床までのどこかに問題があると妊娠が成立しません、一人で複数の原因を抱えている場合もありますが、ほぼ男女半々に原因があります。

原因としては下記のものがあげられます。
排卵因子(排卵障害)
間脳、下垂体系、卵巣の異常により卵が育たない、育っても排卵できないため。

頸管因子(精子が子宮内に入る過程での障害)
頸管は子宮頸部から粘液が分泌され、精子の輸送経路として、また精子の細胞呼吸の培地として重要な役割を果たします。
この頸管粘液の産生が質的・量的に障害されている場合。

子宮因子(排卵障害・着床障害)
子宮内膜症によって卵巣の内部や周囲に病巣ができたため、卵の発育が妨げられ、排卵が障害される場合。子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜炎や癒着などがあるため、あるいは内膜が厚くならないため受精卵が着床できない場合。

卵管因子(受精卵の卵管から子宮への移動の過程での障害)
卵管が狭い、あるいはつまっているための通過障害のある場合。

男性因子
間脳、下垂体または精巣に異常があって正常な精子の産生が障害されている場合。または神経系の異常などによる射精不能の場合。

社会的因子
勤務過労などの社会的要因により、排卵に一致して性交をもつことができない場合。


▲このページのトップヘ戻る

不妊治療

不妊治療には大きく分けて3ステップあります。
STEP1は、タイミング法、薬物療法などを行います。STEP2は、人工授精を行います。STEP3は、高度生殖医療を行います。

STEP1 タイミング法+薬物療法

通院を始めると不妊症基礎検査を行います

基礎検査で特に重大な原因が見当たらないときは指導を受けます。 排卵がスムーズでない場合には、排卵誘発を行います、内分泌系に問題がある場合は、薬物療法をタイミング療法と併用します。

・タイミング法
排卵のタイミングに合わせて性交の時期を指導する方法。
基礎体温をつけ、エコーで卵胞の変化をみたり、尿検査によりホルモン値なども調べて時期を予測する。

・排卵誘発
体外受精・人工授精だけでなく、無月経や無排卵など排卵障害全般に対して排卵誘発剤が使われる。
飲み薬と注射薬があり、一般に程度が軽い場合は飲み薬、飲み薬が効かない場合や体外受精の際は注射を使う。

・薬物療法
排卵障害や頸管粘液の問題、高プロラクチン血症など、内分泌系に原因がある時は薬による治療が行われる。
治療に使われるのは主にホルモン剤が中心。
不妊治療では漢方薬もよく使われ、血行をよくして体質改善をはかるなど、ほかの治療と平行して漢方薬を使ってる人も多いようです。

STEP2 人工授精
STEP1のタイミング法を半年〜1年程度行ってみても妊娠しない場合、または、妊娠しにくい原因が見つかった場合、人工授精を試します。
男性から採取した精液を人為的に女性の子宮や子宮頸管部へ注入する。
STEP3 高度生殖医療
人工授精までの一般不妊治療では妊娠しない、しにくい原因がある場合は、体外受精などの高度生殖医療をすすめられることになります。

・体外受精
卵子を体外に取り出して精子と受精させ、この受精卵を培養して「胚」の状態にして子宮に戻す方法。
一般的に体外受精というとこの方法を指す。

・顕微授精
顕微受精にも数種類の方法がありますが現在は、顕微鏡で卵子を見ながら1個の精子を注入します。

・配偶子卵管内移植
卵子と精子を混ぜて、受精する前の状態で卵管の先に戻し受精したあとの受精卵が子宮に移動できるよう、少なくとも片方の卵管が通っていることが条件。
腹腔鏡下で卵子と精子の戻しを行うためオペ及び入院が必要です。

・接合子卵管内移植
接合子とは受精卵のことをいいます。
受精卵を卵管采(卵管の先)に戻す、腹腔下で受精卵の移植を行うためにオペ及び入院が必要です。

不妊症の研究は日々進歩していて、新しい治療法が次から次へと登場しています。医師の側も常に勉強に励んでいないと、遅れをとってしまうほどです。不妊治療は長期にわたることが多いため、患者さんの側でも、ある程度の知識を持って自分の受けている検査や治療がどういうものなのかを、しっかりと把握しておく必要があります。

不妊治療では、残念ながらすべての人が治療で妊娠できるというわけではありません。


▲このページのトップヘ戻る

検査の種類 一般精液検査

精液を採取して精子の数や運動率、奇形率をみます。
精子の採取は、クリニックから容器をもらってきて自宅にて採取して持って行く場合と、クリニックにて採取する場合があります。

女性側の一般不妊検査

女性不妊の原因とその検査方法、治療法は様々です。
不妊原因を検査によって特定をします。主な検査の内容は以下の通りです。

  • 排卵障害:血液検査(ホルモンの量を調べます)
  • キャッチアップ障害:卵管通水とAIH(人工授精)
  • 卵管因子:卵管通気・通水、卵管造影
  • 着床・内膜因子:エコー
  • 子宮頸管因子:ヒューナーテスト
  • 子宮因子:エコー、子宮膣部細胞診(ガンの検査)
  • セックスレス:問診
  • 免疫因子:抗精子抗体検査・クラミジア検査

尿検査
尿によりホルモン分泌量などを調べる。
子宮体ガン・子宮頚ガン検診
不妊に関係無しに年に一度は、ガン検診を受けましょう。
抗精子抗体検査(採血)
抗精子抗体とは、精子を抗原とする免疫反応。
精子の凝集や不動化(動かなくする)を引き起こして受精を妨げます。
男性にも女性にもつくられることがあり、不妊の原因となります。
細菌検査
おりもののなかや子宮の中などに細菌がいないか調べます。
風疹抗体検査(採血)
風疹は、ウィルス感染症で、妊娠初期にかかると先天性風疹症候群(難聴、白内障、先天性の心臓病など)の赤ちゃんが生まれる可能性があります。
子宮内膜症
子宮の内側だけにある子宮内膜が、なんらかの原因で子宮の内側以外の部分である筋層、卵巣、卵管、直腸、腹腔内に飛び火をして、増殖や剥離、出血を繰り返すのが「子宮内膜症」
頚管因子障害
子宮頚管に問題があったり、排卵期に分泌される粘液に問題があり精子が子宮の中へと進入できないのが「子宮頚管障害」です。
着床障害
子宮内に問題があり着床が出来ない場合を「着床障害」といいます。
機能性不妊
不妊の原因が不明、もしくは今の段階では原因が分からない状態を「機能性不妊」、または「原因不明不妊」といいます。
不妊治療を行うカップルの約10%がこの機能性不妊であるといわれます。
通気・通水検査(治療)
卵管造影検査と同じく卵管が通ってるかをみる検査で、炭酸ガスや生理食塩水を子宮内へ注入し圧力の変化で通過性を診る。
また、卵管の詰まっている人には通りをよくする治療効果があるために治療として行われることも多いようです。
月経血培養検査
月経血を培養して結核菌(性器結核)が無いか調べます。
クラミジア抗原抗体検査
クラミジア感染症の有無を調べます。
抗原検査は、細い綿棒を膣から入れ子宮の入り口をこすって調べます。
抗体検査は採血にて調べます。
感染症検査(採血)
・HCV抗原抗体・HIV抗体・梅毒・貧血・血糖・甲状等
排卵障害
卵がうまく育たない、または育っても排卵しないのが「排卵障害」です。
排管障害
卵管を切除してしまった、あるいは細かったり詰まったりしているために卵子が精子に出会えないのを「卵管障害」といいます。
受精障害
精子または卵子の問題により受精に障害があることがあります。
人工授精までの一般不妊治療では、受精障害が無いと仮定しての治療となり、体外受精をしてみて初めて、受精障害の有無が分かります。
受精障害がある場合は、顕微授精をおこないます。
不育症
子供が欲しいと思いながらも流産や早産、死産を繰り返して生児を得られない場合を不育症といいます。


▲このページのトップヘ戻る

原発性不妊と続発性不妊

一度も妊娠経験の無い場合を「原発性不妊」といい、一度、妊娠したことがある、または、すでに子供がいてその後なかなか妊娠しない場合を「続発性不妊」といいます。
現在、お子さんののいない方でも、流産や子宮外妊娠の経験があれば「続発性不妊」となります。

「一人目不妊」と「二人目不妊」
一人目の赤ちゃんを妊娠しない場合を「一人目不妊」といい、二人目の赤ちゃんを妊娠しない場合を「二人目不妊」といいます。
二人目不妊には、一人目も不妊治療で授かった方と自然に授かった方と半々といわれています。
一人目を自然に授かった方も出産してから数年が経過していると思います。
その数年の間になんらかのトラブルがおきている可能性があります。


▲このページのトップヘ戻る

PR PR PR
Prima


Copyright & Produce HOSPITAL JAPAN All right reserved