病院検索はホスピタル・ジャパン!


病院検索はホスピタル・ジャパン




 病院検索はホスピタル・ジャパン
歯周病とは?

歯周病とは、プラーク(歯垢)に含まれている歯周病菌に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまいます。
若い時は、虫歯で歯を失う原因がほとんどですが、30歳以上が歯を失うもっとも大きな原因が歯周病です。
実際には日本人の約8割が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。
昔は歯槽膿漏という言葉もありますが、歯槽膿漏は歯周りからから膿が出る症状のことなので、歯槽膿漏は歯周病の一症状のことなのですが、最近では「歯槽膿漏を歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。


歯周病とは?

▲このページのトップヘ戻る

こんな症状がでた場合は、歯周病かも?
  • 歯を磨く時歯茎(歯肉)から血が出る
  • 硬い食べ物を食べると、血が出る
  • 硬い食べ物を食べると、痛い(虫歯が原因の場合もあります)
  • 口臭が気になる
  • 朝起きた時など、口の中がネバネバする
  • 歯茎(歯肉)が腫れている
  • 歯茎(歯肉)が紫になっているあ(通常、歯茎は赤色です)
  • 歯茎から膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 歯茎が下がって歯が長く見える
  • 歯と歯の隙間が大きくなり、食べ物などがつまりやすくなる
  • 歯茎がかゆい(ムズムズする)
  • 糖尿病にかかっている
口臭予防対策

高齢になるにつれて歯周病患者の割合は増えて
いきます。
これは、身体の免疫力が低下することによって
歯周病が進行しやすくなるからです。
また、風邪をひいたり身体が疲れていたりする
と免疫力が低下するので、歯周病は進行しやす
くなります。

免疫力の低下が疑われる場合には、より一層歯周病の割合が増えます。

▲このページのトップヘ戻る

改善策として

歯周病は様々な要因が複雑に絡み合って起こりますが、最大の原因は歯垢(プラーク)です。
そのため、改善策として歯磨き、フロッシングなどをしっかりと行い、口の中のプラークの量を減らすことが最も重要になり甘いものやタバコなども控えめにし、年に数回は歯科医院へ行き、歯の検査とメンテナンスを受けることをオススメします。


▲このページのトップヘ戻る

PR PR PR
Prima


Copyright & Produce HOSPITAL JAPAN All right reserved